STRONGEST WILL

心はここにある それだけで揺るぐことはない (旧SAD AND STRANGE WORLD)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

甘栗のうまい剥き方

昨日、栗のうまい剥き方を教えてくれという人がいました。

その人たちのために適当に教えます。


甘栗のうまい剥き方ってこんな感じです。

まず栗の殻に爪を刺して穴を開けます。

そしたら穴の両端を指でグイッと押してやることでうまく剥けます。


こんな説明で納得してくれないとは思いますが、こんな感じです。

詳しいことは甘栗作ってる人にでも聞いてみてくださいっ!以上!!



ってことを昨日書こうと思ってたら書き忘れました。

そしたらあきさんがこんなことを教えてくれました。


「うまく剥くための器具があるんですよ」と。(こんな言い方じゃなかったですが)



じゃあ、一体研究室でうまい剥き方について議論したのは何だったんだ!?ですよw

時間の無駄ですよ、マジで。


そんなことはもっと早く言ってくり!!ですよね、栗だけに。

僕のギャグにびっくりですよ!マジで。



人気blogランキング
↑続きの前にクリックお願いします。


↑こちらも出来たら。


さて、今日は特に書くことはないですが、何か書こうと思います。

限りない駄文ですのでご容赦ください。


よく「もれなくもらえる」とかいうプレゼントありますよね。

僕が中学校の頃、「来場者にはもれなく景品プレゼント」とかいうやつに釣られて友人と共にとある遊園地に行ってきました。

少し高めの入園料を払って会場入りする僕ら。

少し歩いたら何かのイベントが行われてました。

「○○レンジャーSHOW」

おい…お客さんみんな子供ばっかりだぞ?

ものすごいアウェー感。

ものすごい疎外感。


景品はもらえました。タオルを。握手もしました。

○○レンジャーのタオルを。



確かに景品はもれなくもらえました。

でも僕らのその時の状況は明らかに周りからはもれてたのです。



人気blogランキング
↑ちなみに僕の弟は


↑もれなくもらえるはずの景品に


↑もれました。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

コメントありがとうございます!! 

>>郁貴さん
甘栗おいしいですよ☆剥いちゃう方がお好きですか~!あひゃひゃwおっと…失礼!!もれなくもれましたからね(笑)完全にネタですよ!!こんなんがまかり通るんだからおかしな世の中ですよw僕は子供にすら屈服してしまいますよ!最近の子供怖いです!!怖いですよ!!

>>yoshieさん
付いてるなんて聞いてないですよ~!それには付いてなかったんですよ!嫌がらせですかね?(笑)子供だらけのショーにいい年こいたのが混じってるんです!奥様方もさぞかし困惑されたことでしょう…ww
  • 角 
  • URL 
  • at 2007.01.14 00:54 
  • [編集]

コメントありがとうございます!! 

>>ながさきさん
苦労を乗り越えたからこそ味わえるって感じですかね(笑)最初から剥けてるとパクリパクリとどんどん無くなりますしね!STRANGE WORLDの方向に進めなかったのは失態です…!何年やってんだ!?って話ですよね…!やっちめぇました…w

>>朝陽さん
ある程度固くないと破れないんですよね!柔らかいとすんごいしなるんですよ(笑)もし1年分のリポDが当たったとしても置き場所もないですし、1年中「ファイト1発」って叫ばないといけないから困りますよね!!だからリアルに2週間分ほしいです!そんくらいだったら叫べますw
  • 角 
  • URL 
  • at 2007.01.14 00:50 
  • [編集]

コメントありがとうございます!! 

>>ヤマベさん
栗の剥き方を議論するなんて他じゃやらないですよ!!ネタをいつでも提供し続けるのが僕の使命ですから!!駄洒落は空気変わりますよ~!もちろん悪い意味でwwうはは!!

>>ゆぅなさん
最初から剥けてるやつのほうが楽ですよね!でも剥いて食べるとおいしさもひとしおかもしれません!!中国で手作業で剥いてるんですか!?すんごい手間じゃないですか!!中国の人は勤勉ですね~!あの言葉の魔術は騙されますよね!あれは反則です(笑)
  • 角 
  • URL 
  • at 2007.01.14 00:44 
  • [編集]

コメントありがとうございます!! 

>>さとさん
さとさんも実践済みですか!!器具があるなんて時代は進歩しましたよね…(笑)野生的にですか!野生が一番ですよ!(ん?)ドラえもんとかの映画に行くと子供ばっかりですよね!そういうのは家でDVDで見るのが一番ですねw

>>あきさん
すんごい議論でした!それぞれが効率の良い剥き方を科学してましたから(笑)もうちょい報告が早ければ解散になってましたけどねwなぜか僕らが食べたやつには付いてこなかったです!もれなくもらえるということを忘れてもらったらサプライズ的でいいかもしれないですね!!
  • 角 
  • URL 
  • at 2007.01.14 00:40 
  • [編集]

 

そうそう、栗を剥く器具があるんですよ。
たまに袋と一緒についてますよ?
私も甘栗なら一袋一人で全部食べ切れますw

大の大人がレンジャーショーへ行ってしまったら冷たい風が吹いていそう・・・
  • yoshie 
  • URL 
  • at 2007.01.12 00:09 
  • [編集]

 

甘栗、食べてないですわー。
むいちゃわれてるのより、むいちゃう方が好きです♪
てへっ。

もれなく貰えるのにもれるなんて角さんはスゴイですね!
あたしは子供に馴染む自身有りです(笑)
わーい。
  • 郁貴 
  • URL 
  • at 2007.01.12 00:08 
  • [編集]

 

でも、時々殻が意外に柔らかくて苦戦しちゃいますよね(>_<)
あれ?爪刺さらない?みたいな。
「~一年分当たる!」っていうのを見るたびに「一年分ってどれくらいなんだろう?」って考えます。
もれちゃう弟さん可愛いっすねw(*´∀`)
  • 朝陽 
  • URL 
  • at 2007.01.12 00:07 
  • [編集]

http://blog.livedoor.jp/mazdarx81/ 

栗って不思議なもので自分でむいて
食べた方が美味しいですね。
面倒ですけど美味しいです。

昨日のコメントでばか犬さんも指摘していましたが
『むく』というキーワードにも関わらず
昨日の記事にしろ今日の記事にしろ
STRANGE WORLD系の話に行きませんでした!!

ちょっとビックリしました!!
一皮むけましたね!!
(↑変な意味にとらないで下さい!!)
  • ながさき 
  • URL 
  • at 2007.01.11 23:51 
  • [編集]

 

甘栗、美味しそうだけど
やっぱ皮むくのが面倒だから
最初からないやつを食べたいですねe-291

友達が
「「中国で手作業でむいてる」って言ってたけど
絶対嘘だろ」
って言ってました。笑

もれなくもらえるは、言葉の魔術ですe-267
  • ゆぅな 
  • URL 
  • at 2007.01.11 23:11 
  • [編集]

 

角さんが隣にいたら暇しないでしょうね!
研究室で栗の剥き方について議論するなんて!
僕のところでもお願いします!
そして駄洒落で和ませてください。
空気がかわるわーw
  • ヤマベ 
  • URL 
  • at 2007.01.11 22:21 
  • [編集]

 

あーごめんなさい。
まさか、まさかあの角さんが、まさか栗の剥き方を研究してたなんて夢にも思っていなかったので(o'∀'o)
便利な道具の報告が遅れてしまいました(*ノ∀`*)
……甘栗買った時に付いてきたんですけどね??

もれなく当たるのにもれるって…(^∀^;)
あたしは、もれなく当たるという事を忘れて喜びます(´ω`●)
  • あき 
  • URL 
  • at 2007.01.11 20:19 
  • [編集]

 

( ゚∀゚)ノハイッ
教えてくれって言ったやつですww
その栗の向き方、この前私もやりました(笑)
ほんと確かに栗をむくやつがあれば楽なんですよね。。。
うちにも昔あったんですがどこかにいっちゃいました(笑)
だから今は爪か歯で野生的にv-218

そのアウェー感分かります!
私も友達に誘われて子供が観る映画を見ました・・・。
  • さと 
  • URL 
  • at 2007.01.11 17:55 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://tsunotsuno.blog79.fc2.com/tb.php/71-e70a2c14

Menu

プロフィール ▼

カレンダー ▼

カウンター ▼

最近の記事+コメント ▼

月別アーカイブ ▼

もらいもの ▼

ROCK!! ▼

SEARCH ▼

あわせて読みたいっす ▼

家畜ども ▼

ページランク(まだまだ未熟) ▼

ブロとも申請フォーム ▼

今、何時やねん ▼

QRコード ▼

 ▼

なかのひと ▼

スカウター ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。